ページの先頭です。


ネットジャパン、Mac OS X上でWindowsソフトがネイティブに動作するソフト

2007/03/26 20:04

  • 印刷
  • RSS
  • ソーシャルブックマークへ投稿
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークへ登録
 ネットジャパン(蒋冠成代表取締役)は3月26日、米CodeWeavers(ミネソタ州)が開発した、Mac OS X上でWindows専用ソフトを動作させるための互換レイヤーソフト「CrossOver Mac(クロスオーバーマック)6.0 英語版」を発売した。5月の日本語版の発売に先がけて販売するもので、価格は、パッケージ版が1万1550円、ダウンロード版が8400円。

 ネットジャパン(蒋冠成代表取締役)は3月26日、米CodeWeavers(ミネソタ州)が開発した、Mac OS X上でWindows専用ソフトを動作させるための互換レイヤーソフト「CrossOver Mac(クロスオーバーマック)6.0 英語版」を発売した。5月の日本語版の発売に先がけて販売するもので、価格は、パッケージ版が1万1550円、ダウンロード版が8400円。

 Mac OSにWindows互換APIをインストールすることで、Windows専用ソフトをMac OS X上で制限なくネイティブに動作させるソフト。仮想化ソフトなどと違い、Windows OSは必要なく、手持ちのWindows専用ソフトや、Windows 98用のゲームなど、現在では稼働環境がないソフトなどをMac OS X上で有効活用できる。

 「CrossOver Mac」をMac OS Xにインストールし、exeファイルなどWindowsの実行形式ファイルをダブルクリックすると、自動的に「CrossOver Mac」がファイルを判別し実行する。また、インストール済みソフトに関連付けされたファイルをダブルクリックすると、「CrossOver Mac」上のWindowsソフトが自動的に起動しファイルを開く。Windowsのオートラン形式のメディアを光学ドライブに挿入した場合も、自動的にオートランプログラムを判別しインストーラーなどを実行する。

 「CrossOver Mac」では、Windowsのシミュレーション環境を「ボトル」と呼び、ボトルはそれぞれ独立したWindows環境をシミュレートする。このため、Mac OS X上でWindows 98とWindows XPなど、異なるWindows OSを同時に動作させることが可能。またボトルを複数本作成し、それぞれのボトルに異なるバージョンをインストールすることで、1つの環境に対して異なるバージョンを共存させることができないソフトでも、同時に使用できるようになる。対応機種はインテル製CPUを搭載したMacintosh。対応OSはMac OS X 10.4.4以降。

 5月に発売する予定の日本語版「CrossOver Mac 6.1 日本語版」では、日本語環境での動作、日本語アプリケーション、日本語フォントをサポートする。なお、今回の「CrossOver Mac 6.0 英語版」をネットジャパンから購入し、ユーザー登録を行ったユーザーは、無償で「CrossOver Mac 6.1 日本語版」へアップデートできる。

PR


ページトップへ

家電の売れ筋ランキング・製品比較サイト|BCNランキング